病院紹介

ごあいさつ

ごあいさつ

地域精神医療の拠点となることを目指します

私たちは、精神医療が歴史的に請け負わされてきた長期入院(収容)のみに偏った役割を返上する使命を自覚して、それを変革してゆきます。 その変革を表す概念が地域精神医療です。

地域精神医療とは、地域の医療を必要とする患者さんを分け隔てなく受け入れ、最善の外来および入院医療を実践することです。 精神医療は狭い意味の医学的診断のみでなく、家族社会関係や心理的問題をも整理して治療してゆく必要があります。適切な病状判断と問題整理を行って医療に臨み、入院医療の場合は出来るだけ早く退院できるようにします。 私たちにとっての「地域」とは、東村山市と近隣の周辺市を重点的に考えてゆきます。

精神科には病状によっては希死念慮や不穏行動により非自発入院を必要とする場合もありますが、精神保健福祉法に定められた法的手続きや不服申し立て制度を順守します。また通信面会の自由を保障します。 外来医療および退院した患者さんの継続的ケアに力を尽くし、地域の様々な資源の皆様とも協力してゆきます。 精神科治療は、患者さんの人権の確保と、何よりも、心のこもった対応によって成り立つものと考えて実践します。 治療に関する情報については、プライバシーに抵触するものの他は一切秘密にすることはありません。

2018年度からは、新しく始まる各科を統合した専門医制度における精神科専門医の基幹型研修病院として、精神科医の育成も重要な機能として加わります。

院長 富田 三樹生